2011年05月06日

お金を払う気になって…

お店に行くと、誰を相手に商売しているのだろうと思う。多分、競合店を相手に勝った負けたとやっているようで、品揃えが多い少ないとか、価格ラインやプライスポイント、底値の安さを問題にしている。本当はお客様が相手だと言うのが、抜け落ちてる。なんでお金を払わないのか、つまり価値をお客様に伝えてないのにお金は払わない。例えば競合店ばかり見ている量販店の自転車売り場などが、冒頭に説明した状況にある。見方を少し変えて、車の販売店のように試乗車を揃え試乗スペースを確保し楽しく試乗させればどうだろう?一台何百万円もする車に試乗車があるのに、何故自転車売り場に試乗車を見かけないのは何故?もっと目線を変えてみれば…
posted by mako at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。