2011年06月09日

よかれと思ったシステムが

展示会で旧友と再会した。母親が入院して大変だった時の話を聞かされた。特に印象に残った話は「ナースコール」でのトラブルだった。ナースコールを鳴らすと看護師が患者さんの不具合に対応するシステムがこの仕組みだが、夜中に鳴らして音を出すと他の患者さんに迷惑になるので音が出ないようになっているらしい。入院したときに説明するらしいが年配者はたいがい音が出ないため何回も押し続け、看護師が来ないからと言って病室を抜け出してうろうろするらしい…病院側はこの状況を見て「ボケ」が始まったと思うらしい…「いいシステムをつくれば、良くなる」のでなく「いい運営はなにか」考えさせられる・・
posted by mako at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。